今日の試合速報

COPA AMERICA BRAZIL 2019 全試合DAZN独占!
COPA AMERICA BRAZIL 2019 全試合DAZN独占!

ニュース

一覧へ

2015年8月25日(火) 19:13

【ACL 準々決勝 第1戦 前日公式会見/全北現代】チェ ガンヒ監督「どれだけ攻撃力を示せるかが大事になってくる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ACL 準々決勝 第1戦 前日公式会見/全北現代】チェ ガンヒ監督「どれだけ攻撃力を示せるかが大事になってくる」
チェ ガンヒ監督は明日の試合に向けて意気込みを語りました。

26日に行われるACL準々決勝 第1戦 全北現代 vs ガンバ大阪の前日公式会見に、チェ ガンヒ監督とGKクォン スンテが出席。明日の試合に向けて意気込みを語りました。

■チェ ガンヒ監督
「私たちはホームのファンたちと長い間、明日の試合を待ち望んでいました。今シーズン最初の目標に掲げていたACL優勝に向けて、一番大事な戦いになると思っています。ラウンド16からはホーム&アウェイの試合を戦ってきましたが、明日のベスト8、しかも何より大事なホーム戦となる。明日は全てを懸けて勝てるように、ファンの皆さんが楽しめるような試合をしたいと思います」

――明日の勝負どころは?
「まずホームだけに我々の選手がもっている強さ、特徴をどれだけ見せられるかにかかっている。勝つためにはゴールをたくさん取ることが大事。ガンバは守備のバランスも良いチームですが、私たちはまず勝つということを一番ポイントとして考えています。そのために我々が持っている能力をどれだけグラウンドで発揮できるか。特に攻撃力を示せるかが大事になってくると思います」

――最近ガンバ大阪はリーグ戦でいい結果を出していい雰囲気にあります。一方全北は直近の試合で敗れてしまいました。そのことの影響はありますか?
「リーグ戦とACLは全く違う試合だと考えていますし、私たちは別の方向でしっかりと準備してきました。最近はリーグ戦でもなかなか厳しい試合もありましたが、選手たちは乗り越えてきた経験もある。明日の試合は持っている能力を100%出すことができれば十分勝てる試合だと思っています」

――今までチームに貢献していた外国籍選手がチームを去り、その代わりにイ グノをはじめ3人の新しい選手を獲得しました。その効果をどのように感じていますか?
「我々が新たに獲得した3人の選手は、過去に在籍した選手とは戦術、スタイルともに全く違う選手です。残念ながら3人は休みが長かったこともあり、彼らの競技力を引き上げるのに苦労しましたが、3人とも頑張ってきたし,チームも頑張ってきたので明日の試合では良い仕事をしてくれると信じています。新しい選手を獲得するというのは確かに難しい面もありますが、明日はホーム戦ですし、3人とも能力を持った選手なので、彼らがフィットすればうちのチームはもっと強くなる。明日の試合はその3選手の組み合わせが大事だと思います」

――明日の試合で活躍してもらいたい選手と、ガンバ大阪の警戒すべき選手は?
「攻撃の選手の中でもイ ドングやイ グノ、レオナルドには活躍してほしいと思っています。ガンバは守備のバランスと切り替えがいいチームなのでそれをどう崩すかがカギだと思います。ガンバについては皆さんがご存知の通り、宇佐美選手、パトリック選手を警戒していますが、それを踏まえ、中盤の戦いをどう制するかが大事だと思っています」

――イ グノ選手は以前ガンバに所属した選手でしたが、彼から情報を得ていますか?
「もちろんイ・グノがガンバで活躍したことは知っていますし、たくさんではないですが彼からガンバに対するアドバイスはもらいました。しかし我々もチームとして試合を見て、情報を得ていますので、決してイ グノだけのアドバイスだけではなくいろんな情報のもとで明日の試合を戦いたいと思います」

■クォン・スンテ(GK)
「選手たちが一番大事に考えているホーム戦。監督もおっしゃったように、明日は大事な試合になる。我々が勝って第2戦に優位な状況にもっていけるように明日はみんなでベストな試合したいと思います」

――昨日、A代表に選出されました。明日の試合は無失点する大事な試合だと思いますが、プレッシャーはありますか?
「いいチャンスがきたのでモチベーションになっています。もちろんプレッシャーが絶対にないとは言えませんが、これが自分の役割、仕事だと思っています。経験はたくさんあるのでそのプレッシャーを消し去りたいです。我々が目標としているACLの優勝だけを考えて最善をつくせば、結果はついてくるだろうし、プレッシャーにも打ち勝つことができると思います」

――2006年にACLで優勝した経験をもとに現チームが修正すべきことろは? 当時のチームと今のチームは何が違いますか?
「2006年のチームと現在のチームは多くが変わっていますし、雰囲気も違います。チームにとってACLの重要度も高くなり、他のクラブもまたACLの重要性を理解しています。ですが我々には経験豊富で集中力の高い選手がたくさんいます。06年との違いは、言葉でいうのではなくグラウンドで見せるのが正解だと思います」

――ACLはすごく大事だと思いますがチームの雰囲気は?
「1試合1試合負けたとしても落ち込むような選手はいません。ひとつずつ勝つため、楽しむために準備をしてきました。その途中厳しい状況もありましたが全選手が助け合って乗り越えてきました。明日の試合がすごく大切だと選手たちは感じていますし、フォーカスしています。どの試合より明日の試合で結果を出すという強い欲を持っていますし、集中力の高い試合になると思います

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第16節
2019年6月22日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード