今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2022年11月22日(火) 15:50

早稲田大DF柴田の来季加入が内定【湘南】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
早稲田大DF柴田の来季加入が内定【湘南】
湘南は22日、早稲田大に所属するDF柴田の来季加入が内定したことを発表しました

湘南ベルマーレは22日、早稲田大に所属するDF柴田 徹の来季加入が内定したことを発表しました。

柴田は福島県出身で、湘南のアカデミーに在籍していました。クラブはプレーの特徴を「サイドを主戦場とし攻撃の起点になれる選手。両足ともに精度が高く両サイドでプレーできると共に、運動量が豊富でハードワークできるプレイヤー」と紹介しています。

加入にあたり柴田は、次のようにコメントしています。

「出会いは中学3年生の夏でした。何の縁も無かった福島の街クラブでプレーしていた私が、監督同士が偶然にも知り合いという、奇跡的な繋がりがあり、そして、その周りの方々の支えもあり、このクラブと運命的な出会いをしました。ユースチームの一員として戦った3年間は、クラブの魅力に惹かれるばかりでした。気がつくとベルマーレの応援歌を歌っていたり、馬入のグラウンドの河川敷を歩いていたり、試合を見にいくと、トップチームの攻撃的で常にワクワクが止まらないサッカーに、サポーターの方々のかっこいい応援に胸を踊らされ、このクラブのエンブレムを胸につけてプレーできることに喜びと誇りを感じる毎日でした。また地域を愛し、愛されるためにたくさんの取り組みをし、クラブと地域が一体となって前へ進んでいく、そんな熱く、温かすぎるこのクラブのことが大好きになっていました。

その気持ちは、大学に入学してから1ミリもブレていません。早稲田大学に入って、『サッカー選手として』だけではなく『人として』という部分にたくさん向き合ってきました。サッカーというスポーツは社会的に見たら決して大きいものでは無いかもしれません。しかし、支援や応援、試合運営、そして皆で創り上げる情熱的で感動的なスタジアム。高校生の時には感じることができなかった、ピッチの中だけではない、サッカーを取り巻く環境そのものの魅力を、大学に行き感じ取ることができました。トップチームの一員として来シーズンから戦えることに、今私は胸の高鳴りを抑えることができません。

『たのしめてるか。』自分自身が心の底から楽しみ、笑い、走り、闘う。そんなベルマーレの象徴のような選手になれるよう、常に挑戦し、前に進んでいきます!人との繋がり、支えに感謝を忘れずに、熱く温かいファンサポーターの皆様と共に、勝利の為に、このクラブの発展のために戦い続けます。よろしくお願いいたします!」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

ワールドカップ グループステージ 
2022年12月2日(金) 4:00 Kick off

旬のキーワード