今日の試合速報

2019 J1参入プレーオフ決定戦
2019 J1参入プレーオフ決定戦

コメントをする

ニュース

一覧へ

2015年9月19日(土) 23:06

【サマリー:明治安田J1 2nd 第11節】広島はドローで4連勝ならず 快勝の浦和が年間首位に返り咲き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【サマリー:明治安田J1 2nd 第11節】広島はドローで4連勝ならず 快勝の浦和が年間首位に返り咲き
4-1の快勝で年間首位に返り咲いた浦和。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージは19日に第11節の7試合が行われた。

3連勝で前節、2ndステージ首位に返り咲いた広島は、鳥栖をホームに迎えての一戦。広島は鳥栖の3倍となる12本のシュートを放つも無得点に終わりスコアレスドロー。2ndステージ首位の座は維持したものの、年間順位で2位に後退した。鳥栖は2試合連続ドローで、ここ4試合未勝利(2分2敗)となった。

前節、連勝が6でストップした2位の鹿島は、甲府とアウェイで対戦し、金崎 夢生が奪った1点を守りきり1-0で勝利。甲府はGK河田 晃兵を中心に粘り強く守ったが、1点に泣いた。

FC東京をホームで迎え撃った横浜FMは、試合終盤の88分に交代出場の富樫 敬真がJリーグ初得点となる値千金の決勝ゴール。1-0で勝利して引き分けを挟んで5連勝と好調を維持している。

森脇 良太のゴールで先制した浦和は、清水に同点とされるも、後半に3得点を奪って4-1の快勝。年間順位で首位に返り咲いた。敗れた清水は鄭 大世の得点で一度は追い付くも、後半は守備が決壊してしまった。

2ndステージ初の連勝を狙う仙台は、ハモン ロペスがPKを決めて先制するも、藤田 祥史に2試合連続となる同点ゴールを奪われ、湘南と1-1のドロー。湘南は2試合連続で追い付く粘り強さを見せたが、逆転には至らず。

川崎Fは攻撃陣が大爆発。大久保 嘉人のハットトリックなどで、6-1と名古屋に大勝。大量失点を喫した名古屋は3連敗で11位に順位を下げた。

神戸は60分に森岡 亮太のゴールで均衡を破ったものの、その後2ゴールを奪われ新潟に1-2で逆転負け。指宿 洋史と山本 康裕の得点で勝利した新潟は、2ndステージの成績を4勝3分4敗の五分とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

EAFF E-1サッカー選手権
2019年12月14日(土)19:30 Kick off

旬のキーワード