今日の試合速報

FUJIFILM SUPER CUP 2022 左
FUJIFILM SUPER CUP 2022 右

ニュース

一覧へ

2015年12月22日(火) 20:12

【2016Jリーグチャンピオンシップ】大会方式および試合方式が一部変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【2016Jリーグチャンピオンシップ】大会方式および試合方式が一部変更
Jリーグチャンピオンシップの大会方式および試合方式が一部変更になりました。

Jリーグは22日、Jリーグチャンピオンシップについて2015年の実施実績を踏まえ、組み合わせをより分かりやすく、また、リーグ戦成績上位チームの優位の一貫性を確保することを目的に、2016年より大会方式および試合方式の一部を変更することを決定しました。

明治安田生命J1リーグ年間勝点1位チームの決勝へのシードは変わらず、年間勝点2位と3位チームが1回戦のホームチームとなるよう大会方式を変更いたします。

また、試合方式において、1回戦と準決勝では、90分間で勝敗が決しない場合、年間勝点上位チームを勝者とし、決勝(ホーム&アウェイ方式)では、2試合を終えた時点で勝敗、得失点差、アウェイゴール数が同じ場合、年間勝点1位チームを勝者といたします。

大会方式および試合方式の詳細は下記のとおりです。

■2015年からの変更点

【シード順】
①明治安田J1年間勝点1位
②明治安田J1年間勝点2位
③明治安田J1年間勝点3位
④明治安田J1ステージ優勝で年間勝点上位
⑤明治安田J1ステージ優勝で年間勝点下位

【勝敗決定方法】
1回戦、準決勝:90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は、年間勝点上位チームを勝者とする。(延長、PKなし)決勝: H&A方式で、アウェイゴールを採用。勝敗が決しない場合、年間勝点1位チームを勝者とする。(延長、PKなし)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

旬のキーワード