今日の試合速報

クラブJリーグ dポイント5000ptが600名様に当たる!
クラブJリーグ dポイント5000ptが600名様に当たる!

明治安田J1 第10節、第11節、第12節、第13節 代替開催日決定のお知らせ

ニュース

一覧へ

2016年4月9日(土) 14:30

横浜FMが首位の浦和に挑む 鹿島と広島の好調対決も必見【プレビュー:明治安田J1 1st 第6節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜FMが首位の浦和に挑む 鹿島と広島の好調対決も必見【プレビュー:明治安田J1 1st 第6節】
調子を上げてきた鹿島と広島。柴崎(左)と青山の司令塔対決にも注目

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第6節は、日曜日に一斉開催される。前節首位に立った浦和はアウェイで横浜FMと戦う。火曜日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で広州恒大を撃破しており、その勢いをこの試合にもつなげたいところ。対する横浜FMは、精度の高いFKで結果を手繰り寄せている中村 俊輔が引き続き好調を維持。若手主体で臨んだ水曜日のヤマザキナビスコカップでは柏に敗れたものの、この大黒柱がピッチに立てばチーム力は大きく変わるはず。勝利すれば首位奪取もあり得るだけに、モチベーションは高いだろう。実力チーム同士の上位決戦は、ハイレベルの攻防が期待される。

2位の川崎Fは鳥栖をホームに迎える。前節は鹿島と引き分けたものの、ヤマザキナビスコカップでは新潟に5-0。大久保 嘉人ら主力を温存しての大勝に、チームとしての大きな成果が見いだせる。ただしその大久保をはじめ故障者が相次いでおり、今節もスクランブル体制で臨むことが予想される。新潟戦で自信をつけたであろう若手たちの、引き続きの奮起が望まれる。対する鳥栖は、勝ちきれない試合が続いている。開幕戦以来勝利がなく、この停滞感を払拭できるか。豊田 陽平の活躍はもちろん、他のアタッカー陣が結果を出すことが、悪い流れを断ち切るポイントとなるはずだ。

好調を維持する川崎Fに対し、鳥栖には停滞感が漂いつつある
好調を維持する川崎Fに対し、鳥栖には停滞感が漂いつつある

3位の鹿島と広島の一戦も必見の好カードだ。鹿島は前節、川崎Fと引き分け、ヤマザキナビスコカップでは名古屋に3-1と快勝。停滞気味だった攻撃に迫力が戻りつつあり、攻守のバランスが整ってきた印象だ。出足につまづいた広島も、ACLを含めた公式戦4連勝中と完全復調。ピーター ウタカをはじめ、様々な選手がゴールを奪えているのが今の広島の強みで、昨季の強さを取り戻しつつある。お互いに良い状態で迎える試合だけに、好勝負の予感が漂う。

5位に浮上した神戸は攻撃陣が絶好調。レアンドロ、ペドロ ジュニオールの2枚看板に加え、小川 慶治朗、渡邉 千真が君臨する前線は破壊力抜群。失点の多さは不安要素ではあるものの、圧倒的な攻撃力は今節も衰えないだろう。この神戸に挑むのが福岡。リーグ戦ではまだ勝ちがなく、前節も新潟に競り負けた。攻撃の迫力不足は否めないだけに、今節も押し込まれる展開となるだろう。相手の攻撃に粘り強く対応し、少ないチャンスで確実にゴールをこじ開けたい。

やや失速気味の名古屋は、こちらも3試合勝ちのない大宮をホームに迎える。ともに踏ん張りどころと言える一戦で頼りになるのは、やはりシモビッチとムルジャの両ストライカーか。高い決定力を備えたエースのパフォーマンスがこの試合の行方を左右するだろう。

苦境に立たたされたG大阪。遠藤の手綱さばきが命運を握る
苦境に立たたされたG大阪。遠藤の手綱さばきが命運を握る

同様に危機感に満ちているのはG大阪。公式戦3連敗中と苦境に立たされており、チーム状態は芳しくない。テコ入れが必要な状況となるなか、長谷川 健太監督はいかなる采配を振るうのか。対する仙台も苦戦が続いている。加えて負傷者が相次ぎ、戦力的にも厳しい状況だ。代わりにピッチに立つ選手たちのパフォーマンスが、嫌な流れを断ち切るためのポイントとなるはずだ。

甲府vs湘南も下位に沈む同士の一戦。ともに水曜日のヤマザキナビスコカップでも敗れており、浮上のきっかけをなかなか見いだせていない。前者は守備に定評があり、後者はアグレッシブなスタイルが持ち味。その特長を示せたほうが勝利に近づくだろう。ヤマザキナビスコカップで川崎Fに大敗を喫した新潟は、磐田との一戦に挑む。ともに中位に踏みとどまっており、勝ったほうが上位進出の足掛かりを得られる。また両者ともにかつて相手チームに在籍した選手が多く、いわば因縁の対決。局面の争いにも見どころはありそうだ。

柏は水曜日のヤマザキナビスコカップで、ようやく今季公式戦初勝利を挙げた。その勢いをもってFC東京との一戦に臨む。そのFC東京は、水曜日のACLで江蘇蘇寧をアウェイで撃破し、こちらもチーム状態は良好とみられる。ただし、移動の負担に加え、直近の公式戦2試合で4ゴールを挙げている森重 真人が出場停止。チームリーダー不在の厳しい状況下で、地力が試される一戦となるだろう。

■各試合の見どころをチェック!
横浜FMvs浦和
名古屋vs大宮
神戸vs福岡
仙台vsG大阪
甲府vs湘南
川崎Fvs鳥栖
鹿島vs広島
新潟vs磐田
柏vsFC東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第17節
2020年9月20日(日)19:00 Kick off

旬のキーワード