今日の試合速報

6/28 (火) 07:00-07:30の間、メンテナンスのためサイトの閲覧ができなくなります。ご了承ください。

ニュース

一覧へ

2016年10月8日(土) 13:36

激戦必至の運命の第2戦。ファイナルに駒を進めるのは果たして…【プレビュー:ルヴァンカップ 準決勝 第2戦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
激戦必至の運命の第2戦。ファイナルに駒を進めるのは果たして…【プレビュー:ルヴァンカップ 準決勝 第2戦】
第1戦をスコアレスで終えた横浜FMとG大阪。先制点を奪ったほうがより勝利に近づくだろう

ファイナル進出をかけた運命の一戦。JリーグYBCルヴァンカップの準決勝第2戦が、9日に開催される。

アウェイで行われた第1戦で2-1と勝利を収め、優位な状況でこの試合に臨めるのは浦和。先制を許しながらも、終盤の2ゴールで逆転勝ちと勢いに乗って第2戦を迎えることとなる。勝つか引き分ければもちろんのこと、0-1での敗戦でもアウェイゴールで上回り、決勝に進出できる。高木 俊幸、武藤 雄樹の2シャドーが好調なのもポジティブな材料で、ホームの大観衆のもと、精神的な余裕をもって試合を運べるはずだ。

浦和は2つのアウェイゴールを引っ提げてホームに凱旋。FC東京との第2戦の結果はいかに
浦和は2つのアウェイゴールを引っ提げてホームに凱旋。FC東京との第2戦の結果はいかに

後のないFC東京とすれば、果敢な姿勢を貫くほかない。立ち上がりから積極性を示し、まずは先制ゴールを奪いたいところ。1-0でも敗退が決まるだけに、最低でも2ゴールが必要となる。もちろん闇雲に攻め立てれば浦和の逆襲を食らう可能性もあるだけに、リスクマネジメントは必要だろう。リスクと危機管理のバランスをいかに保てるかが、決勝進出に向けた重要なテーマとなる。

第1戦をスコアレスドローで終えた横浜FMとG大阪の一戦は、先制点を奪ったほうがより勝利に近づくだろう。とりわけアウェイのG大阪は、ゴールを奪っての引き分けならばアウェイゴールで上回り、ファイナルへと駒を進められる。早い段階で先制し、横浜FMを勝つしかない状況に追い込めれば、完全にG大阪のペースと見ていい。第1戦で温存された遠藤 保仁がいかに攻撃を機能させるのか。この司令塔のゲームメイクが、より際立つ戦いとなりそうだ。

一方の横浜FMは、点を奪われない戦いが重要となる。0-0のまま試合を進め、終盤に圧力をかけて1点を奪う。日本代表に選出された齋藤 学に加え、故障を抱える中村 俊輔も欠場が濃厚と攻撃のタレントが不足するなか、守備陣のパフォーマンスが勝敗を分けるファクターとなりそうだ。

■準決勝 第2戦の見どころをチェック
浦和vsFC東京
横浜FMvsG大阪

JリーグYBCルヴァンカップ 特集 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第19節
2022年7月2日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード