今日の試合速報

【JリーグID対象】オリジナルスマホバッテリープレゼントキャンペーン_left
【JリーグID対象】オリジナルスマホバッテリープレゼントキャンペーン_right

FUJI XEROX SUPER CUP 2017

磐田
磐田

勝負の2年目を迎える磐田。名波監督就任後、“初めて”の競争が始まる

今季のみどころ

新体制発表会見の壇上で、名波浩監督はチームへの手応えを口にした。

「今シーズン、やっと自分が就任してから、『競争』というフレーズを言ってもおかしくないレベルに達するのではないかなと思っています。ここにいるクオリティの高い選手たち、将来を担う選手たち、既存の選手たちが融合した時に初めて競争が生まれると思うのですが、昨シーズンや一昨シーズン以上に今シーズンはその期待がより深まったなと強く思っています」。

既存の選手たちは年々、力をつけている。そこに新加入組が加わることで、昨シーズンとは違った磐田が見られるかもしれない。

最大の目玉である中村 俊輔はすでにチームに馴染んでおり、練習から質の高いプレーを見せる。川又 堅碁も練習試合でゴールを奪うなど、新ストライカーの第一候補に名乗りをあげた。今季の課題のひとつに得点力アップがあるが、彼らのパフォーマンスが良ければ、ネットが揺れる回数は増えるはずだ。

また、高卒2年目の小川 航基は「他のFWとの違いを見せていかないと使ってもらえない」と危機感を募らせる。U-20ワールドカップでの活躍も求められる中、磐田でも結果を残していきたい。太田 吉彰、アダイウトンの両翼は今シーズンも健在で、引き続きサイドを活性化させてくれる存在だ。

鹿児島キャンプでは【3-5-2】システムの確認を入念に行った。従来の【4-2-3-1】はもちろん、昨シーズンから導入した3バックもさらに精度を上げていきたいところだ。

本当の意味での競争はすでに始まっている。リーグ優勝を目指すようなレベルではまだないが、昨シーズン以上の順位で終わることは可能なはずだ。

Reported by 青木 務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加