今日の試合速報

2019開幕 J.LERAGUE ID プレミアムキャンペーン
2019開幕 J.LERAGUE ID プレミアムキャンペーン

FUJI XEROX SUPER CUP 2017

京都
京都

大幅刷新に新人監督。新たな京都が『J1昇格』に挑む

今季のみどころ

昨季に続き、今季も大幅なメンバー刷新を断行した京都。賛否両論あるが、悲願のJ1昇格へ向け、ポジティブに捉えたい。

守備陣では田中 マルクス闘莉王を獲得した。引退も考えた、というほどブランクがあり、シーズン通して戦えるコンディション作りに時間がかっているが、「チームを支える存在(強化部)」として今季の一番の補強となる。

守備的MFでは、アンドレイの穴にハ ソンミンを獲得。守備力に定評のあるMFだが、右膝・股関節など前所属時代から痛めていた箇所があり、開幕は難しい模様。ここは手薄になりそうで、他ポジションからのコンバートもあり得る。

攻撃的MFではエスクデロ 競飛王が今季も京都で戦ってくれるのは大きい。今季はチームの中心的存在になりそうで、彼の活躍が京都の成績を左右すると言っても過言ではない。不安点は、昨季、貢献度の高かった堀米 勇輝、山瀬 功治が抜けたこと。今季加入してくれた伊東 俊、小屋松 智哉、望月 嶺臣に加え、田村 亮介らの躍進に期待をかけたいところ。

FWは豪華に補強した。大黒 将志が2年ぶりに復帰。そしてKリーグ仁川ユナイテッドで9得点を挙げているケヴィン オリスが加入。エスクデロがパスを出せるだけに、点の取れるFWがいるのは大きい。チーム全体の補強を査定すれば、バランスの良い補強ができたのではないか。

指揮を執るのは布部 陽功新監督。これまで柏でヘッドコーチを務めており、監督はこれが初めてとなる。指導力には定評があり、トレーニング始動から精力的に戦術の落とし込みを行ってきた。その指導も的確で、選手たちもスムーズにこなしていたのが印象的だ。ただし、「段階を踏みつつ」と何度も口にしていて、性急にことを運ぼうとしていない。そうは言っても、キャンプを経て、どこまで選手が自信を付けているか、期待は高まる。

今季の京都を観れば、新人監督に大幅入れ替えと、不安視する声があるのも事実だが、躍進の萌芽もまた感じさせてくれる。クラブ、地域、そしてサポーターの後押しを受け、「J1昇格」へ大きく躍進して欲しいと、そう思わせるチームになっている。

Reported by 武田 賢宗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加