今日の試合速報

2018Jリーグアウォーズ「サポーターシート」募集は12月13日22時まで
2018Jリーグアウォーズ「サポーターシート」募集は12月13日22時まで

ニュース

一覧へ

2018年10月5日(金) 14:00

注目は鹿島vs川崎Fの上位決戦。ふたつのダービーマッチも見逃せない【プレビュー:明治安田J1 第29節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注目は鹿島vs川崎Fの上位決戦。ふたつのダービーマッチも見逃せない【プレビュー:明治安田J1 第29節】
好調を維持する鈴木 優磨(鹿島)と小林 悠(川崎F)の両エースにも注目だ!

明治安田生命J1リーグは今週末に第29節を迎える。残り6試合と佳境を迎えるなか、今節は注目カードが目白押しとなった。

最注目は鹿島と川崎Fの上位決戦だ。3連勝で3位に浮上した鹿島は、水曜日にACL準決勝の第1戦に勝利を収め、勢いを加速させている。ハードスケジュールとなるものの、公式戦7連勝中と驚異の強さを示している。対する川崎Fは前節、長崎に勝利を収め、ついに首位に浮上した。4戦負けなしと安定した強さを備えており、連覇に向けていよいよ本領を発揮している。川崎Fが押し込む展開が予想されるが、鹿島も得意のサイド攻撃からチャンスをつかむだろう。ともに勝ち切る術を備えたチーム同士の一戦は、1点を争う緊迫した展開となりそうだ。

C大阪とG大阪の大阪ダービーも激しい戦いが予想される!
C大阪とG大阪の大阪ダービーも激しい戦いが予想される!

C大阪とG大阪の大阪ダービーも激しい戦いが予想される。C大阪は3戦負けなしながら、ここ2試合は勝ち切れていない。一方のG大阪は4連勝でついに降格圏から脱出した。勢いではG大阪が上回るも、好調を牽引するファン ウィジョが今節は出場停止に。頼れるエースが不在のなか、他の攻撃陣の奮起が求められる。

清水と磐田の静岡ダービーにも注目が集まる。清水は前節、FC東京に快勝。凄みを増してきた若きエース、北川 航也がカギを握る存在となりそうだ。一方の磐田は4戦勝ちがなく12位に転落。残留争いに引き込まれないためにも、今節が正念場となる。同県のライバル対決を制し、復調のきっかけを掴めるか。

前節、首位から陥落した広島は、ホームに柏を迎える。ここ3試合勝ちがなく、この間、わずかに1得点と攻撃面に課題を抱える。エースのパトリックに対する警戒が強まるなかで、他の攻撃陣が意地を見せられるか。対する柏は4戦勝ちがなく、降格圏に転落。苦しい状況に追い込まれている。4試合で10失点を喫する守備の修正が重要なテーマとなりそうだ。

4位の札幌は金曜日にアウェイで横浜FMと対戦。前節は終了間際の都倉 賢のゴールで鳥栖に競り勝ち、連敗をストップ。再びACL出場への道を切り開いた。もっとも今節は、その都倉を始め、福森 晃斗、宮澤 裕樹と3人の主力が出場停止に。戦力ダウンが懸念されるなか、代わって出場する選手たちに大きな期待がかかる。対する横浜FMは2連勝を達成し、残留争いから一歩抜け出した。前節は仙台に5ゴールを奪っての大勝。リーグ最多得点を誇る攻撃力を武器に、ホームで3連勝を狙う。

FC東京は8試合勝利がなく、5位に順位を下げた。得点力不足に加え、前節は清水相手に2失点。攻守両面に不安を抱えるなか、この苦境をいかに乗り越えていくのか。長谷川 健太監督の手腕が問われるだろう。そのFC東京をホームに迎える名古屋は7連勝の後に2連敗と、再び残留争いに巻き込まれている。直近の2試合では計7失点。攻撃スタイルが持ち味だが、このポイントを修正できないようだと、今後も苦戦は免れないだろう。

前節2ゴールの活躍でチームを勝利に導いた興梠 慎三(浦和)。今節もこのストライカーの決定力がカギを握りそうだ
前節2ゴールの活躍でチームを勝利に導いた興梠 慎三(浦和)。今節もこのストライカーの決定力がカギを握りそうだ

3連勝の浦和は仙台の本拠地に乗り込む。3試合で9得点と攻撃面が機能しており、とりわけエースの興梠 慎三が調子を上げてきたのは好材料。今節もこのストライカーの決定力がカギを握りそうだ。仙台は2連敗。前節は横浜FMに5ゴールを奪われて完敗を喫した。ミスが目立ったビルドアップの質を高めることが勝利へのポイントとなる。

鳥栖はホームに湘南を迎える。前節は終了間際の失点で5試合ぶりの黒星を喫した。守備の安定は保たれているだけに、得点力の向上が何より求められる。湘南は2試合連続引き分けと勝ち切れていない。こちらも得点力不足を露呈しているだけに、この課題をいかに解消していくのか。お互いにテーマは明白なだけに、1点勝負の展開となりそうだ。

神戸は5連敗と苦しんでいる。今節よりフアン マヌエル リージョ新監督が指揮を執ることが決まった。スペインの知将がこの苦しい状況をいかに改善させるのか。その手腕に注目が集まる。対する長崎は前節、川崎Fに競り負け、最下位から抜け出せなかった。それでも昨季王者を最後まで苦しめた戦いは、自信となったはず。今節もポゼッションサッカーを標榜する神戸に押し込まれる展開が予想されるが、粘り強い対応と鋭いカウンターを駆使し、相手の隙を突いていきたい。

■各試合の見どころをチェック
横浜FMvs札幌
C大阪vsG大阪
広島vs柏
神戸vs長崎
鳥栖vs湘南
鹿島vs川崎F
仙台vs浦和
清水vs磐田
名古屋vsFC東京

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード