今日の試合速報

明治安田生命ワールドチェレンジ2019 ナツスタほーだいシート左
明治安田生命ワールドチェレンジ2019 ナツスタほーだいシート右

ニュース

一覧へ

2019年6月21日(金) 11:20

三好2ゴールの活躍!猛攻を耐え、本気のウルグアイと2-2決着【サマリー:コパ・アメリカ GS 第2節 ウルグアイvs日本】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三好2ゴールの活躍!猛攻を耐え、本気のウルグアイと2-2決着【サマリー:コパ・アメリカ GS 第2節 ウルグアイvs日本】
2ゴールを奪い、勝点1獲得に大きく貢献した三好 康児(横浜FM/#11)

コパ・アメリカのグループステージ第2戦が21日(日本時間)に行われ、日本代表はウルグアイ代表と2-2で引き分けた。

3日前のチリ代表戦から、スタメンを6人入れ替えて臨んだ日本は、25分に柴崎 岳のフィードに抜け出した三好 康児(横浜FM)が、右足で先制ゴールを奪取。しかし32分、エリア内でエディンソン カバーニのシュートブロックに入った植田 直通の対応がVARによりファウルと判定され、PKを献上。これをルイス スアレスに決められ、同点とされた。

後半に入るとウルグアイに押し込まれる展開となったが、59分、杉岡 大暉(湘南)のクロスをこぼれ球を、またしても三好が押し込んで2-1とリードを奪った。ところが66分、CKからホセ ヒメネスにヘディングシュートを決められて、再度同点に追いつかれてしまう。その後は逆転を狙うウルグアイの猛攻を浴びたものの、GK川島 永嗣を中心に身体を張った守備で応戦。2-2のままタイムアップの笛を聞いた。日本は勝点1を確保し、決勝トーナメント進出に望みをつないでいる。

■試合データ
ウルグアイvs日本

コパ・アメリカ特集

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第20節
2019年7月20日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード