今日の試合速報

2019JリーグYBCルヴァンカップ アプリ向け決勝チケット19日から抽選を開始! 準決勝は10.9水/13日鹿島vs川崎F・G大阪vs札幌 左
2019JリーグYBCルヴァンカップ アプリ向け決勝チケット19日から抽選を開始! 準決勝は10.9水/13日鹿島vs川崎F・G大阪vs札幌 右

ニュース

一覧へ

2019年6月28日(金) 19:05

必見の首位攻防戦! 大一番を制すのはFC東京か、横浜FMか【プレビュー:明治安田J1 第17節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
必見の首位攻防戦! 大一番を制すのはFC東京か、横浜FMか【プレビュー:明治安田J1 第17節】
試合を決めるのは、7試合ゴールがないディエゴ オリベイラ(FC東京/左)か得点ランクのトップに立つエジガル ジュニオ(横浜FM)か!?

明治安田生命J1リーグは、今節で折り返し地点となる17節を迎える。ACLに出場した4チームは1試合未消化分があるものの、他の14チームは今節で、一回りの対戦を終える。

シーズンの半分を迎えるなかで、今節は注目の一戦が行われる。首位に立つFC東京と2位の横浜FMの直接対決だ。今季のリーグ戦を牽引する両者の激突は、ハイレベルな攻防が繰り広げられること必至だ。

首位に立つFC東京は、2連敗と調子を落としつつある。2試合ともに無得点と攻撃陣に元気がない。久保 建英の移籍が決定したなか、7試合ゴールがないディエゴ オリベイラの復調が期待される。対する横浜FMはここ5試合で4勝と好調を維持する。得点ランクのトップに立つエジガル ジュニオが、今節も重要な役割を担うだろう。

3位の川崎Fはアウェイで磐田と対戦。前節は試合がなく2週間ぶりの一戦となる。ここ2試合は勝ち切れない戦いが続いており、課題の決定力不足の解消が求められるだろう。一方の磐田は4戦未勝利で17位に転落。苦境に追い込まれている。4試合でわずか1得点の攻撃陣が、意地を見せたいところだ。

ACLラウンド16の再戦となるこのカードは、土居 聖真(鹿島)とパトリック(広島)がカギを握る
ACLラウンド16の再戦となるこのカードは、土居 聖真(鹿島)とパトリック(広島)がカギを握る

鹿島vs広島は、ACLラウンド16の再戦となる。ここ2週間で3試合目となるだけに、お互いにやりづらさもあるだろう。ACLでは勝ち抜けを決めた鹿島に対し、広島はリベンジの想いを強くする。戦い方、選手起用も含め、両指揮官の手腕が問われてきそうだ。

4戦負けなしで5位に浮上した札幌は、仙台の本拠地に乗り込む。前節は鳥栖に3-1と快勝。鈴木 武蔵が2試合連続ゴール中と調子を上げており、このストライカーのパフォーマンスが大きなカギを握りそうだ。対する仙台は3連勝と完全復調した。得点力の向上に加え、守備にも安定感が生まれている。ホームで上位撃破を実現し、さらなる浮上を狙う。

6位の大分はホームに浦和を迎える。5試合勝利から見放されているものの、前節は終了間際のゴールで追いつき、神戸と引き分けている。上位争いに踏みとどまるためにも、まさに正念場の一戦となる。一方の浦和は、大槻新体制下でリーグ戦無敗を維持。ACLでも逆転でベスト8進出を決め、勢いに乗っている。現状は10位に留まるが、攻守両面で良化の兆しが見えており、シーズン後半の巻き返しに期待がかかる

得点を決めるのは、ここ4試合で3得点を記録するダビド ビジャ(神戸)かここまでリーグ5得点のジョー(名古屋)か!?
得点を決めるのは、ここ4試合で3得点を記録するダビド ビジャ(神戸)かここまでリーグ5得点のジョー(名古屋)か!?

名古屋は5試合未勝利と元気がない。前節も終了間際の失点で、清水に1-2と敗れた。好調時を支えていた守備が隙を見せており、このポイントの修正が再浮上のカギとなる。その名古屋をホームに迎える神戸は、4戦負けなしと復調の気配を見せる。ここ4試合で3得点を記録するダビド ビジャにかかる期待は大きい。

湘南はホームにC大阪を迎える。4連敗で15位に順位を下げており、ここが踏ん張りどころとなる。チャンスは作れているが、ここ2試合は無得点。フィニッシュ精度の向上が何より求められる。一方のC大阪は、前節磐田に2-0と快勝。好調を維持するブルーノ メンデスのパフォーマンスに注目が集まる。

松本はホームでG大阪と対戦。2連敗で16位に低迷する。守備の安定感は保たれているだけに、いかにゴールを奪うのか。セットプレーとカウンターの精度がポイントとなりそうだ。G大阪は5試合負けなしと安定感が生まれてきている。5試合でわずか1失点と、守備面の良化が復調の要因だ。一方で得点の数は伸びていない。売り出し中の食野 亮太郎が、今節も大仕事をやってのけるか。

鳥栖は3連勝の後に3連敗と、再び苦境に陥っている。3試合で6失点と失点が増えているだけに、守備の強度を高めることが求められるだろう。対する清水は篠田 善之監督就任以降、5試合負けなしとV字回復を見せる。ボールを持たれる時間は増えているものの、粘り強い守備と鋭いカウンターが機能し、結果につながっている。5試合連続ゴール中と絶好調のドウグラスのパフォーマンスが、今節も勝敗を分けるポイントとなるはずだ。

■各試合の見どころをチェック
松本vsG大阪
FC東京vs横浜FM
神戸vs名古屋
鹿島vs広島
仙台vs札幌
湘南vsC大阪
磐田vs川崎F
大分vs浦和
鳥栖vs清水

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
2019年9月28日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード