今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2022年11月24日(木) 11:00

長友 佑都「誰一人、焦っていなかったので、これが全てだと思います」【FIFAワールドカップカタール2022 GS 第1節 ドイツvs日本】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長友 佑都「誰一人、焦っていなかったので、これが全てだと思います」【FIFAワールドカップカタール2022 GS 第1節 ドイツvs日本】
日本代表は現地時間23日、FIFAワールドカップカタール2022 グループE第1節でドイツと対戦し、2-1で勝利を収めた

日本代表は現地時間23日、FIFAワールドカップカタール2022 グループE第1節でドイツと対戦し、2-1で勝利を収めた。

以下、試合後の長友 佑都のコメント。

もうちょっと前から行きたかった部分はあったんですよ、正直。でも、やっぱり相手のポゼッションのうまさと、戦術的なギャップの作り方のうまさがあって、なかなかはまりきらなかった、行かせてもらえなかったっていう部分ですね。ただ、その部分も想定、行けない、はまらない部分も想定していたので、みんながネガディブになることなく、落ち着いてしっかりそういうときはブロックを作って耐えると。自分たちも前半、カウンターもありましたし、そのカウンターを狙っていこうというのは、これもずっとミーティングを重ねて、成果です。誰一人、焦っていなかったので、これが全てだと思います。

ーーハーフタイムで話し合ったことは?

まずはこれ以上の失点をしないということを話し合って、そこから戦術的なフォーメーションも変わったので、そこをみんなで話し合って、どうやってはめていくか話し合って、後半、見てもらったらわかるように、相手の方があたふたして、戦術を変えた成果だと思います。

ーー前半オフサイドになったがカウンターから決定的なチャンスを作ったが?

やれるっていうのは前半のシーンも含めて、結構引っかけて取れた部分もあったので、これはいけるなというのは自分自身、感じていました。ただ、なかなか相手もやっぱりうまかったし、特にミュラーのいやらしいポジショニングの動きが非常に、やはりトップトップでやっている選手だなと感じましたが、そこの難しさとか、ムシアラの個人技が世界レベルの難しさはあったんですけど、何よりもあの1失点で前半を終えたのが全てだと思います。前半に2点取られたら難しくて、この結果はなかったのかなと思います。

FIFAワールドカップカタール2022大会特集ページはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

ワールドカップ グループステージ
2022年11月27日(日) 19:00 Kick off

旬のキーワード