今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2022年10月7日(金) 17:50

新潟は仙台に引き分け以上で昇格が決定。横浜FCは大分を下し、1年でのJ1復帰なるか【プレビュー:明治安田J2 第40節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新潟は仙台に引き分け以上で昇格が決定。横浜FCは大分を下し、1年でのJ1復帰なるか【プレビュー:明治安田J2 第40節】
6年ぶりのJ1復帰を狙う新潟は、ホームで仙台と対戦する

明治安田生命J2リーグは8日、9日に第40節の11試合が開催される。

今季も残り3試合となり、今節にも新潟と横浜FCの2チームが昇格する可能性がある。

首位の新潟は仙台に引き分け以上で昇格が決定。敗れても3位の岡山が甲府に引き分け以下で2位以上が確定する。横浜FCは大分に勝利すれば昇格が決まる状況で、引き分け以下に終わっても、3位の岡山も引き分け以下となれば、1年でのJ1復帰が決定する。

一方で岩手と琉球の21位以下が確定する可能性もある。琉球は引き分け以下で21位以下が確定。勝利しても20位の群馬と19位の大宮がともに勝利すれば、21位以下が決まる。岩手は勝利すれば残留圏内への浮上の可能性を残すものの、引き分け以下に終わった場合は群馬と大宮がともに勝利すると、21位以下が確定する状況だ。

6年ぶりのJ1復帰を狙う新潟は、ホームで仙台と対戦。引き分け以上で昇格が決まる状況ながら、多くのサポーターが詰めかけることが予想されるホームスタジアムで、勝って喜びを分かち合いたいところだろう。前節は山形に勝ち切れなかったが、再び調子を上げてきた谷口 海斗の決定力に期待がかかる。対する仙台はプレーオフ出場圏内を維持するためにも勝点3が求められる。前節は東京Vに敗れ2連敗。ともに完封負けと元気がない攻撃陣が意地を見せたいところだ。

横浜FCは前節、琉球に競り勝ち3連勝を達成。決勝点を決めた小川 航基がJ1に導くゴールを決められるか
横浜FCは前節、琉球に競り勝ち3連勝を達成。決勝点を決めた小川 航基がJ1に導くゴールを決められるか

横浜FCはホームに大分を迎える。勝利すれば昇格が決まるが、岡山の試合がキックオフ前に終わっているため、場合によっては試合前に昇格が決定している可能性もある。とはいえ岡山の結果に関わらず、新潟と同様に勝ってJ1復帰を決めたい想いは強いはずだ。前節は琉球に競り勝ち3連勝を達成。決勝点を決めた小川 航基がJ1に導くゴールを決められるか。対する大分は前節長崎を下し、2連勝を達成。7戦負けなしと安定した戦いを続けている。プレーオフ出場に向けて勝点3が求められる一戦は、2戦連発中の長沢 駿に期待がかかる。

3位の岡山はアウェイで甲府と対戦。他力ながら2位以内に入れる可能性をわずかに残しており、そのためには3連勝が求められる状況だ。前節は金沢に敗れ、連勝がストップ。3点を奪われた守備の修正がテーマとなる。対する甲府は6連敗と苦しい状況ながら、水曜日に行われた天皇杯では鹿島を下し、決勝進出を決めている。その勢いに乗って、連敗を食い止められるか。

4位の熊本はホームで群馬と対戦。今節勝利すれば、プレーオフ出場を確定できる状況だ。前節は秋田に敗れ、7試合ぶりの黒星を喫している。開始早々の失点で流れを悪くしただけに、試合の入りに細心の注意を払いたい。群馬は今節勝利すれば、残留を決められる可能性がある。前節は大宮に競り勝ち、調子を上げている。持ち前の堅守を武器に、1点差勝負に持ち込めば勝機は高まるはずだ。

プレーオフ出場を狙う7位の山形はホームに水戸を迎える。水曜日に行われた33節の大宮戦では1-1の引き分けに終わり、3試合勝利なしとなった。勝ち切れない試合が続くなか、大宮相手に豪快な一撃を叩き込んだ樺山 諒乃介に期待がかかる。水戸は前節千葉に敗れ、6戦未勝利となった。この間、わずか2得点に留まる攻撃陣の奮起が求められる。

長崎vs徳島はプレーオフ進出をかけた10位と8位の直接対決となる。長崎は前節大分に敗れ、2連敗。4戦未勝利と苦しい戦いが続いている。4試合で9失点の守備の修正が重要なテーマとなるだろう。対する徳島は町田を下し、17試合負けなしとした。後半に演じた逆転劇の勢いを、この試合にも持ち込みたいところだ。

9位の千葉は秋田の本拠地に乗り込む。6位の仙台との勝点差は4ポイントで、プレーオフ出場のためには勝点3の確保が求められる。前節は水戸に競り勝ち、連敗を2で食い止めた。決勝点を決めた櫻川 ソロモンが、再び大仕事をやってのけるか。対する秋田は熊本を下し、2連勝を達成。ハードワークを厭わない戦いで、今季二度目の3連勝を狙う。

21位に沈む岩手は、ホームで東京Vと対戦。今節引き分け以下に終われば、21位以下が確定する可能性がある。前節は山口と引き分け連敗を3で食い止めたものの、4試合勝利から遠ざかっている。土壇場で追いついた粘り強さを今節の戦いでも示したいところだ。一方の東京Vは仙台を下し、3連勝と調子を上げている。ここ4試合で3得点の阪野 豊史が、今節も重要な役割を担うだろう。

最下位に沈む琉球は、アウェイで金沢と対戦。今節、引き分け以下に終われば21位以下が確定する状況なだけに、勝利のみが求められる一戦だ。前節は横浜FCに敗れ、8試合勝利なしとなった。7試合連続でゴールがないなかで、いかにして得点を奪っていけるか。立ち上がりからアグレッシブな姿勢を示し、相手ゴールへと向かっていきたい。金沢は前節、岡山を下し2連勝を達成。3試合連続で3得点と好調の攻撃陣のパフォーマンスが、今節もカギを握りそうだ。

19位の大宮はホームに山口を迎える。今節勝利すれば、残留を決められる可能性がある。水曜日に行われた試合では山形と引き分け、3試合勝利なしとなった。守備の安定は備わるだけに、中野 誠也ら攻撃陣の奮起が求められる。山口は前節岩手と引き分け、6試合負けなしとしている。ここ2試合で5得点とゴール量産中の高井 和馬が、今節も輝きを放てるか。

町田はホームで栃木と対戦。前節は徳島に敗れ、7戦未勝利となった。得点は奪えるようになってきたものの、3試合で7失点を喫する守備を上手く立て直したい。栃木は前節甲府を下し、残留を決めている。好調を維持する根本 凌に今節も期待がかかる。

■各試合の見どころをチェック
秋田vs千葉
新潟vs仙台
長崎vs徳島
熊本vs群馬
岩手vs東京V
甲府vs岡山
山形vs水戸
大宮vs山口
町田vs栃木
金沢vs琉球
横浜FCvs大分

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

旬のキーワード