今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

2016Jリーグ開幕特集

鹿島
鹿島

アグレッシブにボールを奪う“石井改革”元年

今季のみどころ

昨季途中からトニーニョ セレーゾ監督からチームを引き継いだ石井正忠監督は、低迷していたチームを2ndステージ制覇まであと一歩のところまで立て直し、ヤマザキナビスコカップではすばらしいゲーム内容で3年ぶりのタイトル獲得を成し遂げた。

今季はスタートから指揮を執る初めてのシーズンとなり、キャンプから“石井色”を強く打ち出した。トレーニング内容を従来の内容からがらりと変え、初日からボールを使った練習を積み重ねる。戦術練習に取り組みながら、フィジカルの負荷も上げていくやり方で、チームを率いてから取り組み続けてきたアグレッシブにボールを奪う姿勢をさらに推し進めた。より高い位置からチーム全体が連動して奪う形は、今季から加入した新メンバーにも浸透したと言えるだろう。

昨季の中心だった金崎夢生の電撃復帰が発表されたほか、柴崎岳もクラブに残留。さらに湘南から永木亮太を獲得しており、中盤の選手層はリーグ随一の厚さを誇る。永木の持ち味は、石井監督が求めるものにピタリと合致するだけに、彼が鹿島でどのようなパフォーマンスを残すか注目だ。さらに、最前線にはジネイが復活、身長がありながら足下の柔らかさも持つ彼の存在は、ケガをした昨季の分までリーグ全体にインパクトを与えることだろう。

また、U-23日本代表としてアジア制覇を成し遂げた植田直通と櫛引政敏、三竿健斗も自信を深め、若い彼らの突き上げがチーム力を総じて押し上げた。攻守にアグレッシブに戦うスタイルは、選手への負荷が高いが、それだけの選手層が揃ったと言えるだろう。

真の意味で、石井監督によるチーム改革が行われた初年度、どこまで驚きを与えらえるか期待したい。

Reported by 田中滋

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

中盤の選手層は厚いが、キャンプでは思わぬほどケガ人が多くなってしまった。ボランチの競争を激化させ、調子の良さも伺わせていた永木亮太が途中離脱。カイオと土居聖真もケガで練習を休まざるを得ず、人選としては昨季と変わらないメンバーがピッチに立つと予想される。ただ、それだけに石井正忠監督のやろうとするサッカーの浸透度、相互の連携と理解度は高い。中盤の選手が流動的にポジションを変える鹿島本来の攻撃の形が見られそうだ。ここに絡んでくるとすれば2年目の鈴木優磨。キャンプを通じて元気な姿を見せただけでなく、果敢に相手と向き合いゴールへと突き進んでいく姿は、なにかが起きる期待感を持たせてくれる。昨季よりもさらに身体は強くなり、突破力にも磨きがかかった。猪突猛進するだけでなくチャンスメイクもできるだけに、監督は様々なポジションで起用してくるだろう。

また、ボランチと共に競争が激しいセンターバックは、植田直通が揺るぎない自信を携えてドーハから戻ってきた。キャンプでは、ファン ソッコが足底筋を痛めて別メニューでの調整が続いたこともあり、ベテランの青木剛や新加入のブエノがその座を狙っている。U-23日本代表では不動のレギュラーだった植田としても気が抜けない状況だ。特に、ブエノは加入後著しい成長を見せており、シーズンのどこかで先発争いに食い込んでくるだろう。

GKも櫛引政敏が加わって競争は激化したが、キャンプを通じて曽ヶ端準がすばらしいパフォーマンスを見せたため、開幕は曽ヶ端のままだと予想する。

Reported by 田中滋

※予想スタメンは2月8日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加