今日の試合速報

Jリーグオリジナルネックウォーマー
Jリーグオリジナルネックウォーマー

2016Jリーグ開幕特集

新潟
新潟

吉田新監督の下、アグレッシブをベースにより高いレベルの戦いを目指す

今季のみどころ

3年半指揮を執った柳下正明前監督に代わり、昨シーズン、柏を率いた吉田達磨監督が就任した。41歳の若き指揮官と、彼を支えるスタッフ陣も30歳台半ばから40歳前半が中心になった。もともと選手にも若手が多いチームだけに、フレッシュさが際立つ。

昨季の主力からキャプテンの大井健太郎が磐田へ。山本康裕が期限付き移籍を終えて磐田に復帰した。それ以外は残留しているため、大きな戦力ダウンはなさそう。補強は京都からMF伊藤優汰を獲得したが、そのほかはルーキーと期限付き移籍からの復帰組。新キャプテンに小林裕紀、副キャプテンには大野和成とMFレオ シルバが就任と、チームがまとまるのに時間はあまりかからなそうだ。

高知、タイ、そして開幕直前の静岡とキャンプが続く中、吉田監督が通してきたのは、実戦に即したトレーニング。新潟のキャンプと言えば、他チームが脅威らに感じるほどハードなフィジカルトレーニングが名物だった。今年はシンプルに走るメニューよりも、ボールを使いながら機動力を駆使する内容が目立った。紅白戦も早い段階から取り入れるなど、チーム作りが順調に進んだと言える。

チームの伝統とも言えるハードワークは土台として出来上がっている。そこに吉田監督のカラーがどう絡んで行くか。15位だった昨季はセットプレーからの失点が多く、得点が少なかった。リードした試合を終盤にひっくり返されるなど、勝負どころでのひ弱さが目立った。それを解消しつつ、よりアグレッシブな攻守を身に着けることがシーズンを戦い抜くカギになる。

Reported by 高橋裕

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

これまで伝統的なフォーメーションでもあった4-4-2から変化し、高知、タイの練習試合では4-1-4-1を試した。ワントップに長身FW指宿洋史、2列目にレオ シルバ、加藤大らボールさばきの巧みな選手を置く。起点を明確にし、ボールをキープしてから速く的確にゴールを目指す。

新人のMF端山豪、山口への期限付き移籍から復帰したMF小塚和季らテクニックを持つ選手が多いだけに、攻撃を組み立てるレベルは高い。昨季課題の1つだった決定力は、FWラファエル シルバが順調に仕上がっていることが大きい。故障さえなければ開幕から全開で得点力を発揮しそうだ。

アンカーの小林裕紀もパスワークが安定している。守備陣は大井健太郎が抜けたものの、大野和成、舞行龍ジェームズ、林裕煥とセンター陣はそろっている。戦術理解度も高いだけに、コミュニケーションの面で問題はない。新人の早川史哉は高さはないものの、的確な読みで固い守備を見せる。

右サイドバックはU-23代表の松原健、本職はボーランチだがユーティリティーの小泉慶が起用されそう。左サイドバックは昨季実力を発揮できなかったコルテースが、日本に慣れた2年目は力をみせそう。昨季終盤定着した前野貴徳も安定している。

GK陣は守田達弥が故障から復帰。安定感のあるベテラン黒河貴矢、潜在能力の高い川浪吾郎と、誰が出ても高いパフォーマンスを披露しそうだ。

Reported by 高橋裕

※予想スタメンは2月11日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加