今日の試合速報

AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL) 2017特集 スカイスクレイパー 左
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL) 2017特集 スカイスクレイパー 右

2016Jリーグ開幕特集

岐阜
岐阜

集大成の一つであり、勝負の3年目!ラモススタイルを浸透しJ1昇格プレーオフへ!

今季のみどころ

今季の一番の見所は、ラモス瑠偉監督が就任3年目を迎え、ラモスサッカーを体現するための集大成のシーズンであることだ。3年契約の最終年ということもあり、今季は今後もラモス体制が続くのか、契約通り終ってしまうのか、クラブにとっても非常に重要なシーズンとなる。

ラモスサッカーの肝となるのは、『戦術的対応力』にある。ラモス監督は相手を細かく分析し、まずは相手のストロングポイントを消しにかかる。そしてただ守るのではなく、守りながらもカウンターの道筋を全員で見いだして、ボールを奪ったら素早い切り替えで一気にゴールを目指して行く。これを遂行するためには、相手の状況と自分たちの状況をしっかりと見極めてポジショニングを取り、全員でイメージを共有してボールを奪い、そこからスピーディーなショートカウンターを仕掛けられるかが大事になる。

ラモス監督が新体制発表のときに「2年間改善できなかった守備を今年はしっかりと構築できるようにならないと勝てない」と強調したように、守備面での戦術的対応力を個としてもチームとしても底上げすることが、重要なポイントとなる。

沖縄キャンプでは初日から実戦練習を行うなど、ラモス監督も明確な方向性を示して、選手への浸透を促している。選手面でも昨年ほどの大型補強ではないが、戦力として計算できる選手を堅実に獲得しており、チームとしてのポテンシャルは高い。特に、誰に聞いても「ずば抜けている」と言われているFWレオナルド ロシャには大きな期待を寄せている。彼の個が組織に組み合わさるかどうか、ここはラモス監督の手腕に期待したい。

いずれにせよ、ラモス監督にとって重要な3年目。残留争いから抜け出し、J1昇格プレーオフ圏内に入ること。これがチームに課せられた重要なタスクだ。

Reported by 安藤隆人

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

ラモス瑠偉監督が一番の立て直しポイントとしているのが守備だ。GKはベテランで安定感のある高木義成がファーストチョイスとなるだろう。昨年の川口能活(相模原)に代わる存在として、最後尾からチームを牽引する重責を担う。

DFラインに目を向けると、サイドバックの守備がポイントになる。昨季はセンターバックこそ補強をしたが、サイドバックの人材が不足した。今季は、ただ攻撃参加ができるだけでなく、守備力も高いサイドバックの補強が急務だった。そこで獲得した磐瀬剛には大きな期待をしたい。彼は市立船橋高時代はセンターバックを務めており、高い対人能力とビルドアップ能力を持つ選手。左右どちらでもプレーできる能力があり、今季は一つのポイントとなりそうだ。一方で磐瀬の逆サイドを固定するのは時間がかかりそう。昨季は冨士祐樹が思うように活躍できず、本職ではない益山司と野垣内俊、阿部正紀で回していた。今季もこの4人でレギュラー争いが繰り広げられそうだ。

ボランチに関しては、髙地系治の存在は今年も不動。その相棒が山形からやってきた秋葉勝か、京都からやってきた田森大己か。ここはバックアップも充実で、水野泰輔、苅部隆太郎、青木翼とレギュラーを張れる選手が揃っており、ここの競争がチームの活性化を促してくれそうだ。

2トップは難波宏明とレオナルド ロシャに不動のコンビを築いて欲しい。昨季は一人大きく気を吐いた難波と、大物感が漂うロシャが噛み合えば、J2屈指の破壊力を誇る2トップになってくれるかもしれない。

Reported by 安藤隆人

※予想スタメンは2月9日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DAZN よくあるご質問
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL) 2017特集
2017JリーグYBCルヴァンカップ
ロシアW杯アジア最終予選
2017天皇杯特集
2017Jリーグ U-16チャレンジリーグ
2017 JリーグU-14