今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

2016Jリーグ開幕特集

札幌
札幌

目標は自動昇格! 3名のブラジル人選手をはじめ、即戦力のみを加えた今シーズンはシビアに勝点を奪い続けていく

今季のみどころ

昨シーズン、一昨シーズンともに10位に終わってしまったものの、視線は決して下がらない。今シーズンはトップ2入りを果たしてJ1への自動昇格切符を掴み取ることを絶対的な目標として、これまで以上に高いモチベーションで長丁場のリーグ戦へと挑んでいく。

そうした強気の姿勢はオフの戦力補強からもハッキリと見て取れる。昨シーズンは数多くのチャンスを作りながらも得点に結び付けきれないという、決定力不足が絶対的な課題として露呈した。そんな明確な課題をクリアすべく、「シュート、ラストパスにおける質の高さを持った選手を迎え入れた」と強化責任者でもある三上大勝GM(ゼネラルマネジャー)は説明する。ヘイス、マセード、ジュリーニョといった3名の新ブラジル人選手はどれも攻撃的なポジションの選手ばかり。こうした、ある種思い切った選手補強を敢行するチームは、近年のJリーグでは稀有な存在と言っていいだろう。

他方で守備面には神戸から長身のベテランDF増川隆洋を獲得。基本的には昨シーズンまでの3バックシステムを採用していく模様だが、増川という実力者が加わったことで今シーズンは要所で4バックも導入される可能性がありそうだ。

そして、これら即戦力と目される補強が、選手の入れ替えではなく、昨シーズンの主軸のほとんどが残留を果たした上で加わっていることがやはり大きい。川崎Fからの期限付き移籍で加わり、昨シーズンのリーグ戦でチーム最長時間出場を果たした福森晃斗が移籍期間を延長しており、もちろん天才・小野伸二と稲本潤一も健在。若手のホープである荒野拓馬やU-23韓国代表GKのク ソンユンもさらなる飛躍をめざす。

例年であれば、毎年のようにU-18から何人もの選手がトップ昇格を果たし、そうした話題で盛り上がるのが育成型クラブである札幌の姿だったが、このオフはトップ昇格者がゼロで、新加入はすべて即戦力として期待される選手だけ。シビアに結果を追い求める、札幌にとって本当の勝負とも言える2016年シーズンがいよいよ幕を開ける。

Reported by 斉藤宏則

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

状況に応じて4バックも使えるチーム作りを行っていく見通しではあるが、基本的には昨シーズンの就任時から四方田修平監督が踏襲している3-5-2が基本フォーメーションとなる。注目は攻撃陣に新加入のブラジル人3名がズラリと並ぶ可能性もあるということ。オランダリーグでも活躍したヘイスは高いシュートセンスを持っており、多少のアバウトなクロスでもゴール枠内に飛ばす力量を持っている。マセードはサイドから高精度なクロスを持っているし、ジュリーニョには内側に飛び込んでの豪快なシュートもある。個人の力で相手の堅い守備ブロックを崩し得る選手が並ぶのだから、迫力満点だろう。そしてなによりも、それを中心で操るのが小野伸二なのだから、魅惑である。一昨シーズンは夏場の加入で、昨シーズンは負傷で出遅れただけに、開幕から万全の状態で挑めそうなこの2016年の「天才」のチャンスメークには目が離せないところ。ヘイスと2トップを組む都倉賢あるいは内村圭宏も絡む5人の連係はリーグを席巻し得る可能性を秘めている。

ただし、彼らが常に盤石な立場とは言えないのが、今シーズンの札幌の長所だろう。それこそ都倉、内村が好調であればヘイスもベンチに回る可能性もあるし、堀米悠斗、荒野拓馬、石井謙伍らが台頭をすればジュリーニョ、マセードも同様だ。要するに、高いレベルでポジション争いが展開されるのが今シーズンの札幌なのである。

中盤以降も同じ。上里一将、深井一希らがいるボランチは稲本潤一を絶対的な存在にしていないし、最終ラインも永坂勇人、内山裕貴、進藤亮佑がスタメン争いに絡んでくる見通し。GKはク ソンユンと金山隼樹を中心に特徴の異なる4人が日々、凌ぎを削る。

ここではあくまでも大まかな予想メンバーを記したが、すべての試合で顔ぶれが変わっても不思議ではないほどに、今シーズンの札幌は激しいポジション争いが行われている。

Reported by 斉藤宏則

※予想スタメンは2月7日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加