今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

2016Jリーグ開幕特集

松本
松本

再起を期す松本、「新スタイルへの挑戦」と「J1昇格」の二兎を追う

今季のみどころ

クラブ創立50周年の記念すべき2015シーズン、松本は日本サッカーのトップカテゴリーを駆け抜けた。戦前から苦戦は予想されており、まずはJ1定着を図るべく“トップ15”という目標を打ち出したが、年間順位は16位。反町康治監督が“冒険旅行”と例えたシーズンは悔しい結果で幕を閉じた。とはいえ厳しい舞台で揉まれたことで、チームは貴重な経験を積んだ。J2で再起を期す今季は、ライバルたちに成長の跡を示さなければならない。

そのためには、Jリーグ参入時から築き上げてきたスタイルの継続はもちろん、ひと味違うプラスアルファも必要となる。これまでは長いボールやショートカウンターなどの手数をかけない攻撃やセットプレーからの得点に重きを置いてきたが、開幕前キャンプでは「チームに足りないところをこれまでは目をつぶってきたが限界がある」(反町監督)とボール保持率の向上を企図したトレーニングを行っている。最後方からグラウンダーのパスを繋いで、深みと広がりを保ちながら相手ディフェンスの綻びを突こうという試みだ。もちろん時間はかかりそうだが、攻撃の形を増やすことで得点力アップを目指している。

内容はもちろん、結果も同時に追い求める。普段は慎重な発言の指揮官も「J1への切符の3枚のうちの1枚をゲットしたい」と強い決意を述べており、目標はズバリ1年でのJ1返り咲きだ。茨の道となることは間違いないが、結果と内容の二兎を追うという挑戦を見届けたい。

Reported by 多岐太宿

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

ここまでのトレーニングマッチを見る限り、中盤の底にアンカーを配置した3-5-2が主に採用されている。昨季途中からの公式戦で見られてきた並びで、残留した主軸選手に戸惑いはなさそうだ。反町康治監督はJ1で積み重ねた経験値を生かしつつ、これまでのチームに不足していたテクニカルな部分の向上を目指してキャンプからボールを使った練習に時間を割いてきた。序盤戦からパスを繋ぎながら綺麗に崩して、とは難しいかもしれないが、今季は新たな攻撃の形が見られる可能性もある。

最終ラインは既存選手と新加入選手の融合になる。GKは新加入のシュミット ダニエルがやや優勢ながら白井裕人もアピールに懸命で、ひとつの椅子を巡って激しい出場争いが繰り広げられそう。3バックは左から安川有、飯田真輝、酒井隆介としたが、當間建文と後藤圭太も有力候補となるはずだ。

アンカーにも複数の候補選手がいるが、右足からのキックという武器を持つ宮阪政樹が有力。もちろん武井択也と岩間雄大も着々と準備を重ねている。インサイドハーフには豊富な運動量とチャンスメイクが期待されるポジションだけに、喜山康平と工藤浩平が一歩リード。

ウィングバックは右に田中隼磨、左に安藤淳のベテラン2人か。一方トレーニングマッチでは石原崇兆と飯尾竜太朗も良い動きを見せており、チーム内下剋上を狙っている。

2トップはオビナと山本大貴が既にチームでの実績もあり有力。ウィリアンス、前田大然らの出番も多そうだ。

Reported by 多岐太宿

※予想スタメンは2月9日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加