今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

2016Jリーグ開幕特集

長崎
長崎

よりゴールにこだわるスタイルで、狙うはJ1昇格!

今季のみどころ

4年目を迎え、昨季から半数の選手が入れ替わった高木長崎。チームは目標であるJ1昇格に向けて、永井龍、田中輝希、養父雄仁ら攻撃力のある選手を中心に、中盤の潰し役として田中裕人、守備に経験値を注入する存在として上本大海を獲得。攻守で充実した補強に成功した。昨季からの主力である梶川諒太や大久保択生といった選手たちと、新加入選手の連携も高まっており、過去3シーズンよりも順調にチーム作りは進んでいる。

これまで、堅守を武器にリーグ戦を戦ってきた長崎だが、今季は「サッカーの原点であるゴールにこだわりたい(高木琢也監督)」という言葉どおり、より攻撃的なスタイルを指向。ボールを奪ってからの動き出しや判断力を高めていくことで、昨季以上に「縦の速さ」を追求しており、シーズン前のトレーニングマッチでも長短織り交ぜたパスを駆使して攻撃的なゲームを展開した。今季は、パク ヒョンジンのクロスや、養父や上本からのスペースを突いたフィードに、永井や佐藤洸一といった選手たちが走り込んでいくシーンが増えていくことになりそうだ。

現時点では軸となる選手がまだ固まりきっていないポジションも若干残っているが、高木監督は、選手の個性を見極めて組み合わせる手腕に長けているだけに、開幕までにはメンバーを固めてチームをまとめ上げてくるだろう。同時に田上大地、中村慶太、富澤雅也ら大卒ルーキーがシーズン中にどこまで成長してくるかという点にも注目したい。

Reported by 藤原裕久

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

正GKは、昨年の活躍で自信を深めた大久保択生でほぼ間違いない。3バックは上本大海がセンターに入り、髙杉亮太が左に入る形が濃厚で、右は趙 民宇、李 栄直、村上佑介がレギュラーを争う。安定感と総合力の村上、実績のある趙 民宇、強気なプレーが魅力の李栄直…このポジションは最後までスタメン争いが続きそうだ。

ボランチは、始動からファーストチョイスであり続けた養父雄仁と田中裕人でほぼ確定。特に田中裕の守備力は、中盤において欠くことはできないと言っていい。ワイドの左は、攻守の安定感で言えば神崎大輔にもチャンスはあるが、パク ヒョンジンの左足は攻撃面で魅力的。やはりパクが1番手となるだろう。右のワイドは、現時点ではスピードのある松本大輝がスタメン候補だが、守備とスタミナにやや不安が残る。

シャドーの左は田中輝希が得意としているが、コンディションや連携がまだ不十分で、昨季に続き梶川諒太で決まりとなるだろう。田中輝は北川滉平、木村裕らとシャドーの右を争うことになるが、木村は1トップ起用の可能性もあり、好調な北川が田中輝を抑えてスタメン入りする可能性は高い。1トップでは、コンディションさえ整えば、梶川との連携も良く、得点能力も高い永井龍が期待通りの活躍を見せてくれそうだ。上記以外にもチームには、田上大地、前田悠佑、小野寺達也といった選手がおり、シーズンを通して選手を入れ替えながら戦っていくことになる。

Reported by 藤原裕久

※予想スタメンは2月7日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加