今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

千葉
千葉

アグレッシブな攻守のポイントは連動したプレスと鋭いサイド攻撃

今季のみどころ

2015年はJ2降格後最低の位に沈んだものの昨季は関塚体制を継続した一方で、人件費と選手の契約内容を見直したことで大幅に選手が入れ替わった。だが、チームは攻守で組織的に機能するまでには至らず、第25節終了後に指揮官を長谷部 茂利監督代行に交代するも新戦術の細部の浸透に時間がかかり、11位で終わった。

クラブはよりアグレッシブな攻守でJ1昇格を達成すべく、スペインのクラブで指揮を執っていた元アルゼンチン代表のフアン エスナイデル監督を招聘。課題の得点力アップのために昨季は熊本で活躍した清武 功暉、新外国籍選手にチャンスメーカーのホルヘ サリーナスと点取り屋のラリベイ、ルーキーに全国高校選手権で優勝した高橋 壱晟などが加入し、千葉の黄金期の中心選手だった羽生 直剛が経験を伝えるべく10年ぶりに復帰した。昨季もスタメン争いの切磋琢磨で戦力の底上げを図ったが、今季の新戦力はスタメン争いを激化させるレベルの高さだ。

情熱的な新監督は前から連動したプレスでボールを奪い、サイドチェンジを使ってサイド攻撃を仕掛けるサッカーを指導。動きの量や連続性、スタミナを重視し、選手に休む間を簡単に与えない練習で強化している。攻守で迫力と緻密さの両面が求められる戦術、3バックがメインの新システムが選手に浸透し、個の問題が大きいシュート決定力の課題をクリアしていくことで、近年は低迷していた千葉は上昇し、J1の舞台へ上がるはずだ。

Reported by 赤沼 圭子

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

フアン エスナイデル監督はさまざまなフォーメーションを試したいと話したが、ニューイヤーカップやトレーニングゲームから今季は3バックがメインになる。特に、3-1-4-2もしくは3-2-2-3がスタメンの特徴や対戦相手によって採用されそうだ。

スタメンはさまざまな組み合わせで多くの選手を試しており、今はまだ固定されていない。それでも、GKは昨季のスタメンだった佐藤 優也が濃厚だが、岡本 昌弘や新加入の山本 海人もスタメンに近い存在。

3バックの中央は近藤 直也が確定的で、両サイドは試合などでの組み合わせから守備力アップのためG大阪から期限付き移籍で加入した西野 貴治、3バックの中央でも使われた若狭 大志の起用が考えられる。

昨季の終盤にスタメン出場していた岡野 洵、昨季は左サイドバックながらも今季は左ウイングバックやセンターバックでプレーする乾 貴哉といった若手も、臆することなくスタメン争いに名乗りを上げている。

守備的MFはダブルボランチでもアンカーでもアランダは確定的。右ウイングバックは北爪 健吾が一歩リードの感があるが、左ウイングバックはホルヘ サリーナスに加えて阿部 翔平、比嘉 祐介などタイプが違う選手が揃う激戦区だ。

攻撃的MFとFWはさらに激戦で、ラリベイには得点量産の期待がかかる。昨季は得点が多かった清武 功暉や町田 也真人がどこで使われるかも注目で、羽生 直剛や佐藤 勇人がどう試合に絡んでいくかもポイントだ。

Reported by 赤沼 圭子

※予想スタメンは2月6日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ