今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

愛媛
愛媛

主力大量流出も、フレッシュさ武器に“サプライズ”目指す!

今季のみどころ

過去2シーズンの愛媛は野心ある指揮官のもと、ハードワークと組織力の高さを武器にチーム一丸となってJ1昇格プレーオフ進出を果たすなど、中堅的なポジションから昇格戦線を伺う力を誇示した。しかし、そのチームを率いた木山 隆之監督は山形へと移り、主軸として活躍した選手の多くもチームを離れることに。当然のことながらチームは新たな指揮官のもと、新たな布陣で再出発を強いられることになった。しかし、中位躍進の功労者たちがチームを去ったことは残念だが、ラインナップが大きく変わるからこそ高まるワクワク感もある。

新たにチームの指揮を執るのは、かつて元日本代表監督イビチャ オシム氏の通訳を務め、それをきっかけに指導者の道に転身した間瀬 秀一監督。この指揮官、経歴だけがキャッチーなわけではない。緻密かつ、説得力のある戦術眼を有し、オシム仕込みの哲学的な言葉で選手たちを惹きつける。その間瀬監督率いる“新生・愛媛”のスローガンは「速戦力」。ピッチ内では攻守両面におけるスピードを求め、「あらゆる選手が攻撃のスイッチを入れてゴールに向かう(間瀬監督)」とアグレッシブに躍動するスタイルを目指す。また、戦術理解、コミュニケーション、個々の成長など、ピッチ外においてもスピードにこだわる。

今季のチーム目標はズバリ、J1昇格プレーオフ進出。そのハードルは限りなく高いものであると言わざるを得ないが、「一人残らず全員が過去最高のパフォーマンスを(間瀬監督)」と真っ直ぐ未来のみに目を向ける指揮官の眼差しは“サプライズ”を予感させるほどの力がみなぎっている。

Reported by 松本 隆志

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

愛媛は過去4シーズンを通じて3-4-2-1のシステムをベースに戦ってきたが、今季、新指揮官になってもそのシステムは踏襲していくことが濃厚。また、チームが大きな強みとしていた戦うベースであるハードワークも受け継がれる。

唯一主力の損失がなかったボランチは昨季同様、小島 秀仁と藤田 息吹がスタメンの座に居座るだろうが、それ以外のポジションでは選手間の競争が熾烈に繰り広げられそうだ。

最も注目すべきは前線の1トップ2シャドー。昨季はスランプに陥ったものの、経験と実績を兼ね備えた西田 剛、河原 和寿は完全復帰をかけて気合い十分。練習試合でのパフォーマンスも上々だ。12年に愛媛で14ゴールをマークした有田 光希も1トップの本命候補。大卒ルーキーの丹羽 詩温も最前線で攻守両面で豊富な運動量を披露。いきなり開幕スタメンの可能性も出てきた。

両ウイングバックのポジション争いも激しさを極める。小池 純輝、三原 向平、白井 康介、小暮 大器らワイドの選手は概ね左右両ワイドでプレーが可能なため、チャンスも2倍だが、ライバルも2倍。これら4人の共通の長所はタテへの推進力だが、いずれも甲乙つけがたい能力を練習試合から発揮。その選択は指揮官も頭を悩ませるところだろう。

3バックは定位置争いは昨季の主軸である林 堂眞、浦田 延尚が1歩リード。残るリベロのポジションを西岡 大輝、田中 裕人、深谷 友基らで争うことになる。

現状3人体制のGK陣はいずれも経験値不足は否めないが、本命はプロ9年目の原 裕太郎。しかし、若手のパク ソンスも着実に成長してきており、“下克上”の可能性も否定できない。

Reported by 松本 隆志

※予想スタメンは2月4日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ