今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

京都
京都

大幅刷新に新人監督。新たな京都が『J1昇格』に挑む

今季のみどころ

昨季に続き、今季も大幅なメンバー刷新を断行した京都。賛否両論あるが、悲願のJ1昇格へ向け、ポジティブに捉えたい。

守備陣では田中 マルクス闘莉王を獲得した。引退も考えた、というほどブランクがあり、シーズン通して戦えるコンディション作りに時間がかっているが、「チームを支える存在(強化部)」として今季の一番の補強となる。

守備的MFでは、アンドレイの穴にハ ソンミンを獲得。守備力に定評のあるMFだが、右膝・股関節など前所属時代から痛めていた箇所があり、開幕は難しい模様。ここは手薄になりそうで、他ポジションからのコンバートもあり得る。

攻撃的MFではエスクデロ 競飛王が今季も京都で戦ってくれるのは大きい。今季はチームの中心的存在になりそうで、彼の活躍が京都の成績を左右すると言っても過言ではない。不安点は、昨季、貢献度の高かった堀米 勇輝、山瀬 功治が抜けたこと。今季加入してくれた伊東 俊、小屋松 智哉、望月 嶺臣に加え、田村 亮介らの躍進に期待をかけたいところ。

FWは豪華に補強した。大黒 将志が2年ぶりに復帰。そしてKリーグ仁川ユナイテッドで9得点を挙げているケヴィン オリスが加入。エスクデロがパスを出せるだけに、点の取れるFWがいるのは大きい。チーム全体の補強を査定すれば、バランスの良い補強ができたのではないか。

指揮を執るのは布部 陽功新監督。これまで柏でヘッドコーチを務めており、監督はこれが初めてとなる。指導力には定評があり、トレーニング始動から精力的に戦術の落とし込みを行ってきた。その指導も的確で、選手たちもスムーズにこなしていたのが印象的だ。ただし、「段階を踏みつつ」と何度も口にしていて、性急にことを運ぼうとしていない。そうは言っても、キャンプを経て、どこまで選手が自信を付けているか、期待は高まる。

今季の京都を観れば、新人監督に大幅入れ替えと、不安視する声があるのも事実だが、躍進の萌芽もまた感じさせてくれる。クラブ、地域、そしてサポーターの後押しを受け、「J1昇格」へ大きく躍進して欲しいと、そう思わせるチームになっている。

Reported by 武田 賢宗

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

布部 陽功監督は今季始動から4-1-4-1をベースにして、チームに戦術を落とし込もうとしている。しかし、指揮官は「システムありきで考えていない」と口にしており、フォーメーションの柔軟な変更を、シーズン通して行う可能性も示唆している。しかし、この4-1-4-1は、非常に流動性が高いと言うか、変化をはらんだ布陣となっている。サイドハーフが1トップのサイドのスペースへ動くと4-3-3にも観え、インサイドハーフがビルドアップのためにアンカーの横に落ちると4-2-3-1の様にも観える。

布部監督は「相手の状況を観る」ことを重要視しており、サイドで起点を作る時、サイドハーフがサイドに入るのか、或いは、サイドバックがサイドに入り、サイドハーフが自由に相手を翻弄するか、相手の状況に応じて選手が判断する、という点まで落とし込もうとしている。これらを総合的に判断すると、選手個々の状況判断力は求められることになるのは想像に難くない。

そこで、メンバーについては戦術理解度の高低で配置をしてみた。インサイドハーフについては伊東俊に分があると判断。サイドハーフにはFWの要素が強いイ ヨンジェと小屋松 知哉を配置した。他に、田村 亮介、大野 耀平の起用も面白いだろう。若い選手は、得点を狙うことはもちろん、ビルドアップでパスを引き出す柔軟性も磨かなければならない。

戦術では、センターバックとアンカーのビルドアップへの要求もレベルが高く、今季、この位置の「ゲームを組み立てる能力」は強く求められるだろう。田中マルクス闘莉王の相方は、染谷 悠太、牟田 雄祐のどちらか。開幕までポジション争いは続くのではないか。

布陣があって、サッカーが作られるよりも、サッカーに必要な要素を磨き上げつつ、戦術を理解しサッカーを組み立てる。布部監督の意欲が結実することを期待したい。

Reported by 武田 賢宗

※予想スタメンは2月6日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ