今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

台風8号接近による試合開催情報について

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

C大阪
C大阪

柿谷、山口、清武ら好素材揃うC大阪。3年ぶりのJ1にて旋風を巻き起こす

今季のみどころ

過去2シーズン、J2リーグ戦での厳しい戦いを経験。そして、昨年には、2度目の出場となったJ1昇格プレーオフを勝ち抜き、土壇場でJ1復帰を決めたC大阪。ようやく「元いた場所」に戻ることができた2017年、桜色のクラブは、J1での新たな船出にふさわしい陣容を整えている。

C大阪のエースナンバー「8」を背負う主将の柿谷 曜一朗、日本代表MF山口 蛍、昨年のJ2で飛躍を遂げたFW杉本 健勇をはじめとする育成出身選手を軸とし、韓国代表GKキム ジンヒョン、DFの要を担う山下 達也、昨年からC大阪の一員となり今季完全移籍加入を果たしたMFソウザなど、経験値の高い強力なタレントも揃う。

そのチームで新たにタクトを振るうのは、近年でも鳥栖を強豪に導いた経験を持つ、尹 晶煥監督。組織と規律を重んじる新指揮官は、始動時から早朝練習や3部練習を課すなど、独自のカラーを打ち出し、ハードなトレーニングで選手たちを鍛え上げており、課題でもある守備の構築にも早速着手。2000年から3シーズンを中心選手として過ごした、桜のレジェンドの1人が、若きチームをいかに改革していくかは見どころの1つだ。

さらに、新戦力には、鳥栖時代に尹監督と師弟関係だった、指揮官のサッカーを理解するMF水沼 宏太らをピンポイントで補強しただけでなく、1月末にはスペインのセビージャからMF清武 弘嗣が電撃移籍加入。かつて桜の8番を担った司令塔の復帰はチームに大きな力になることは間違いない。

山口を含めて現役日本代表の中心選手や、柿谷ら、好タレントがひしめくこともあって、開幕前から大きな注目を集めている新生C大阪。まずはJ1リーグ戦一桁順位を目標としつつ、SAKURA SPECTACLEの実現へ、挑戦のシーズンが始まる。

Reported by 前田 敏勝

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

キャンプ前から、「(メンバーの)80%くらいは頭のなかに入っている」と述べていたのは、尹 晶煥監督。キャンプ中に行われてきた親善試合や練習試合をみると、昨シーズンの主軸を担っていた選手たちが、今季もベースとなっている。そのなかで、最終ラインでは、センターバックの一角に、今季の新戦力で、韓国Kリーグで2年連続ベストイレブンに選ばれたクロアチア人DFマテイ ヨニッチを登用。山下 達也とのコンビは迫力十分であり、練習試合でも安定したパフォーマンスを披露しているだけに、期待は大きい。

また、ポジションの激戦区となっているのは、ボランチと攻撃的MF。尹監督が「我々のチームはボランチがどういうふうにするかによって、すごく変わってくる。すごく大事になるポジションだ」と最重要ポイントにあげているボランチについては、山口 蛍の相方が誰になるかが鍵。2月8日の横浜FC戦において、バランス能力と空中戦に優れた山村 和也が山口とコンビを組んだが、昨シーズンでの活躍が際立ったソウザの攻撃力、ボール奪取力も捨てがたい。

そして、攻撃的MFについては、攻撃にアクセントをつけられる清武 弘嗣の存在は絶大で、もう1枠を水沼 宏太、清原 翔平、関口 訓充、福満 隆貴、丸岡 満といったハードワーカーたちが争うことになりそうだ。

前線には、得点力が期待される柿谷 曜一朗と杉本 健勇が並ぶ可能性が高いものの、キャンプ中はリカルド サントスも好パフォーマンスを披露。また、基本の4-4-2だけでなく、清武をトップ下におく形も試しており、昨年ケガで苦しんだ柿谷の状態次第では、メンバー、ポジション、フォーメーションにも変化が見られるかもしれない。

Reported by 前田 敏勝

※予想スタメンは2月9日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ