今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

G大阪
G大阪

5年目の指揮となる長谷川監督のもと、個々の特徴を活かした『新生ガンバ』でタイトル獲得を目指す。

今季のみどころ

『長谷川ガンバ』5年目を迎える今季。そのメンバーは大きく顔ぶれを変えた。中でも現在のサッカーを実現する上で生命線でもあったサイドMFの阿部 浩之と大森 晃太郎を始め、岩下 敬輔や西野 貴治、内田 達也ら、14年の『三冠』に貢献した選手がチームを離れたことに驚きを覚えたファンも多かったはず。だが長谷川 健太監督は「顔ぶれが変われば、逆にいろんなことに新鮮に取り組める」と前向き。

新たに獲得した泉澤 仁やファビオ、三浦 弦太、井出 遥也らを含めて個々の特徴を存分に活かした『新生ガンバ』を作り上げる決意だ。もちろん、その先には昨年、無冠に終わった悔しさを晴らすべく『タイトル』を明確に描きながら。

ただし、そのためには改善を求めなければいけないところもある。その1つが近年の「スタートダッシュ」の悪さだ。これは過密スケジュールによるオフの短さも影響してのことだが、15年以降、AFCチャンピオンズリーグを戦ってきたガンバ大阪にとって、それは間違いなく命取りになると言っていい。事実、昨年はそれが足かせとなりACLグループステージ敗退という屈辱を味わった。だからこそ「今季はなんとかしてスタートダッシュを図りたい」と長谷川監督。

今季はACLのプレーオフが2月7日に行われる関係上、例年に比べてチーム作りを急ピッチで進めてきた印象だが、それが功を奏して『スタートダッシュ』につながれば、例年とはまた違う序盤戦の結果を求められることだろう。

注目は今年から「10」を背負う倉田 秋をはじめ、長沢 駿、藤春 廣輝、金 正也らの世代。今年で29歳を迎える88年生まれの彼らは近年、プレー的にも精神的にもチームの支柱としてそれぞれのポジションで存在感を発揮しつつある。同じく同世代の米倉 恒貴は昨年からのケガのリハビリのためやや出遅れているが、彼も含めた5選手の活躍が今季のガンバの躍進を支えるといっても過言ではない。キャリアを積み、プロサッカー選手としても心身両面で充実の感じられる中で、MF遠藤 保仁やMF今野 泰幸らベテラン勢とともに、新生ガンバをしっかりと牽引して欲しい。

Reported by 高村 美砂

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

昨シーズンは主に4-2-3-1のシステムを多用してきたが、今季はそれと並行して4-3-1-2あるいは4-3-3のシステムを起用することになりそう。

4-3-3は昨年終盤、J1リーグ最終戦の川崎フロンターレ戦や天皇杯準々決勝・横浜F・マリノス戦でも試合途中から起用したシステムだが、長谷川 健太監督によれば「中盤を3枚にしようとすると、井手口 陽介と今野 泰幸の運動量が相当求められると考えれば、誰でもができるシステムではないので、あくまで起用選手や対戦相手によって臨機応変に考えたい」とのこと。だが、今シーズン最初の練習試合となった沖縄SV戦を始め、その後の練習試合や紅白戦でもこのシステムを敷いたことを踏まえても、ボランチにケガ人等が出ない限りは、昨年以上に数多く見られることになりそう。

ただ前線の形はあくまで流動的。新たに獲得した泉澤 仁や井出 遥也、アカデミー出身の堂安 律、藤本 淳吾ら、ここに絡んでくる選手の特徴を考えれば、2トップではなく、昨年のような1トップ2シャドーを敷く可能性も高い。

いずれにせよ『長谷川ガンバ』も5年目を迎え、戦術理解が深まっていることや、選手個々の能力を考えれば、そうした状況に応じた対応には不安はなさそうだ。

DFラインのうちセンターバックには新加入のファビオと金 正也を先発に据えたが、ここまでの練習試合では金がやや足を痛めたこともあり、新加入の三浦 弦太が先発を預かっていることや、既存の丹羽 大輝も決して調子を落としているわけではないことから、当然、争いには加わってくると予想される。長谷川 監督も場合によってはファビオをボランチで起用する可能性や3バックを敷く可能性も示唆しているだけに、そこも試合を戦いながら、チーム全体のバランスをみてベストな布陣を探ることになりそうだ。

Reported by 高村 美砂

※予想スタメンは2月4日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ