今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

FC東京
FC東京

過去最強布陣で挑むFC東京 首都クラブが見せる今季への気概

今季のみどころ

昨季のFC東京はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)との過密日程に苦しみ、シーズン途中に監督交代を決断。一時は残留争いに巻き込まれかけたが、新たに指揮を執った篠田 善之監督がチームを建て直してリーグ9位でフィニッシュした。

そして、巻き返しを図る今季に向けて、ストーブリーグではひときわ大きな話題を振りまき、今オフの主役に躍り出た。川崎FからFW大久保 嘉人が加入し、名古屋からFW永 井謙佑、鳥栖からGK林 彰洋を獲得。さらに、オランダ1部フィテッセからDF太田 宏介が復帰し、韓国王者のFCソウルからはMF髙萩 洋次郎を新たな司令塔として迎えた。

各ポジションに次々とビッグネームを補強し、前線から最後尾まで日本代表クラスがそろう過去最強の布陣が完成。過去に類を見ないほどの豪華なメンバーをそろえ、ACL出場権獲得と、悲願のリーグ制覇に挑戦する。

この陣容を手にした篠田 監督に慢心はない。「まだオレたちは、何も成し遂げたことがないチーム。優勝を口にする前に、やるべきことはたくさん残っている」そう語る指揮官に選手たちも呼応する。

主将の森重 真人は、切なる思いを口にした。「自分自身、このクラブに来てからリーグでは満足する結果を手にしていない。FC東京が変わるきっかけとなったのが、2017年だったという年にしたい」。

2017年の青赤は、昨季の前線からのハードワークをベースに、より速く正確なサッカーを標ぼうする。プレシーズン期間中は、ボールを使いながら基礎体力の向上を図り、着々とシーズンに向けて準備を整えつつある。変革元年。『万年中位』『勝負弱い』そう言われ続けた東京が変わろうとしている。

Reported by 馬場 康平

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

大型補強に成功したFC東京は、幅広い戦い方が可能となった。4-2-3-1が基本布陣となるが、対戦相手、スコア、時間帯によっては、さまざまなドレスチェンジも可能だ。

特に、前線のタレントは豊富で、河野 広貴、ネイサン バーンズ、阿部 拓馬らも激しい定位置争いに加わってくることになる。練達の前田 遼一も控えに甘んじるつもりはないはずだ。ソロでの突破が得意なタイプや、連係を駆使する選手、遅攻型、速攻型もいて多士済々。組み合わせも多種多様で、篠田 善之監督にとってはうれしい悩みが、シーズンを通して続くことになるだろう。

チームを操るコンダクターは新加入の髙萩 洋次郎と、10番を背負う梶山 陽平が争う格好となった。だが、併用も既にテスト済みで、相性は決して悪くはない。一方で、昨季大きな成長を遂げた田邉 草民や、負傷から復帰する橋本 拳人、米本 拓司らもここに加わっていく。また、将来性豊かな鈴木 喜丈も、実戦経験さえ積めば、面白い存在になっていくはずだ。

林 彰洋と、太田 宏介が加わった守備陣は、豪華そのもの。徳永 悠平と室屋 成のポジション争いは、今季もし烈を極める。仮にさまざまなポジションでプレーできる徳永が押し出された場合は、各ポジションに火種が飛び火することになる。誰一人として定位置を確約された選手はおらず、年間を通した生存競争が繰り広げられることになるだろう。

連係面を高めることができれば、上位争いには十分に食い込める陣容なだけに、開幕のスタートダッシュは欠かせない。キラキラとした、このメンバーをより輝かせられるか。首都クラブは今季、メッキではない本物の輝きを放たなければいけない。

Reported by 馬場 康平

※予想スタメンは2月7日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ