今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

2017Jリーグ開幕特集 2017Jリーグ開幕特集

鳥栖
鳥栖

補充ではなく補強で初タイトルを目指す。本気度が試されるシーズン

今季のみどころ

2016年シーズンの主力だったGK林 彰洋、MF金 民友らが抜けた今季は、彼らの代わりは誰になるのか…といった不安から始まった。

しかし、新体制発表時には、移籍した選手の“補充”ではなく昨シーズン以上の戦力を有する“補強”が行われていた。

実績と実力を持った選手が、2年目となるフィッカデンティ監督のサッカーを体現するために集まってきた。

「どのようにして戦うか、アイデアと策略をもってキャンプに臨む」と宣言した指揮官は、昨シーズンまでの主力に“補強”された戦力を加えて激しいポジショニング争いが繰り広げられている。

ベースとなる戦い方は、昨シーズンと同様に4-1-3-2がベースとなる。積極的に攻撃参加する両ワイドDFにワンボランチが攻守のバランスとり続ける。ダイヤモンドに配置したMFは、縦横無尽に中盤でボールも人も動く。そして、エース豊田 陽平を中心に高さと強さを生かして相手ゴールを狙う。

守備では、全体をコンパクトに絞り前線から相手にプレッシャーをかけてボールを奪いにかかる。最前線から最後尾までが、連動した動きで相手ボールを追い込んでいくので、そのプレッシャーを避けるために相手はサイドチェンジを含めてロングボールを多用することになる。相手がボールを動かす距離や時間がかかればかかるほど、ミスを犯す確率も高くなり、鳥栖が突け込む機会が増える。

今シーズンの鳥栖は、攻守においてどこのシーンを切り取ってもアグレッシブにボールを負うプレーを見ることができるだろう。

今シーズンの鳥栖は、サッカーの醍醐味を感じることができる戦い方を見せてくれる。

Reported by サカクラゲン

開幕時の予想布陣
開幕時の予想布陣

開幕戦まで3週間を切った中で、GK権田 修一の加入が発表された。海外でのプレーを希望していた中で電撃的なリリースとなった。これでGKは3人体制となり、ベテランの域に入った赤星拓が控えとなって最後尾を守ることになりそうだ。

同様に、キャンプ途中に190㎝のアルゼンチン人のCBフランコ スブットーニが加入した。高さを生かしてどんな相手にでも競り負けることはないだろうが、スピードもあるので相手は容易にDF裏を取ることはできないだろう。右サイドDFには、守備のユーティリティ小林 祐三を据えることになりそうだ。これで、守備は先年以上に強固になることは間違いない。

中盤には実績のある高橋 義希を据え、その前に鎌田 大地を中心にドリブルで相手を切り裂く福田 晃斗とパス精度の高い小川 佳純が入りバランスを取りつつ攻撃参加する。最前線には、高さと強さを誇る豊田 陽平が入り、その周りを5シーズンぶりのJリーグ復帰となる小野 裕二が動いて回ることになる。

小野の運動量とドリブルを生かすことで、昨シーズンには見られなかったボールの引き出し方が見られるだろう。得てしてサイドからのクロスに頼りがちだった攻撃に、中央からのドリブルとパスを使った突破が加わり、攻撃のオプションが大幅に増えた。

守備に高さを加え、攻撃の策を増やしたフィッカデンティ監督の2年目は、どのチームが相手でも引けを取らない陣容と戦術が構築されたようだ。今シーズンのJ1タイトル争いは、鳥栖を中心に展開されるのではないだろうか。

Reported by サカクラゲン

※予想スタメンは2月8日時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ